農口尚彦研究所

NOGUCHI NAOHIKO SAKE INSTITUTE

NAOHIKO NOGUCHI

「酒造りの神様」の異名をもつ日本最高峰の醸造家のひとり。

1970年代以降低迷を続けた日本酒市場で吟醸酒をいち早く広め、吟醸酒ブームの立役者となる。
また戦後失われつつあった山廃仕込みの技術も復活させ、山廃ブームの火付け役となった。

全国新酒鑑評会では、連続12回を含む通算27回の金賞受賞。

 
 
Full ver..00_00_51_03.Still007.png