一休の泪

 

生きるためには食べなくてはなりません

短い人生、折角食べるのならおいしく体に優しいものを食べて笑っていただきたい

家族や大切な人を思う心を隠し味に私たちなりの最高の一杯をどうぞ召し上がってください