Direction / shooting / Editing 

 

国宝の殿堂 藤田美術館展

会 期 2019年4月13日(土)~6月9日(日)

会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館

休館日 毎週月曜日、5月7日(火) ※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館

8分展示映像.00_00_42_30.静止画032.png

能面 小面 ゆふかつら

伝 越智作

Noh Mask, Ko’omote (Yūkazura)

Attributed to Echi

重要文化財

地蔵菩薩立像

快慶作

Important Cultural Property

Standing Jizō Bosatsu (Skt. Kṣitigarbha) By Kaikei

 

大阪市の中心部にある藤田美術館は、国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵する美術館です。

明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(1841~1912)とその息子平太郎、徳次郎兄弟の二代3人によって収集された美術工芸品を公開するため、昭和29年(1954)に開館しました。

 
Untitled_1.1.2.png

藤田美術館

館長 藤田清

FUJITA MUSEUM

Kiyoshi Fujita

 
 

約2千点におよぶコレクションは、茶道具、水墨画、墨蹟、能装束、絵巻、仏像、仏画、経典、仏教工芸、考古資料など多岐にわたり、その中には奈良にゆかりのある仏教美術が数多く含まれています。このたびの展覧会は、2022年春に予定されるリニューアルオープンの準備に向けて現在休館している藤田美術館の名品を奈良国立博物館新館の全展示室を使用して紹介するかつてない規模の展示となります。

重要文化財

交趾大亀香合

Important Cultural Property

Incense Container (Kōgō), Cochin ware with turtle-shaped lid

8分展示映像.00_05_50_25.静止画042.png

千利休の花押

Sign of Sen no Rikiyu

世界に三碗しか存在しないと言われる国宝「曜変天目茶碗」をはじめ「玄奘三蔵絵」「両部大経感得図」「仏功徳蒔絵経箱」などの仏教美術を中心に、館外初公開を含む多彩なコレクションを紹介します。 

曜変天目茶碗

National Treasure

Yōhen-tenmoku Tea Bowl (Chawan)

膨大な私財を投じて、近代以降散逸の危機にあった文化財を収集し、国宝の殿堂と呼ぶにふさわしいコレクションを築いた藤田傳三郎らの功績にも光を当てていきます。

奈良国立博物館

藤田美術館